やはり相互リンク募集が最強なのでしょうか?

SEOでは誰がなんと言おうと相互リンク募集であります。いろいろな方法がありますが、その中でも最強なのでしょう。 最近のGOOGLEについては特にそうです。「良い内容(コンテンツ)」という前提ですが~評価は高いです!

一方で、その逆は支持するだけ。(要するに返しのパワーがゼロよ。)
ただしこちらメリットもあります。「返さなくてよし!」 発リンクをしているサイト側としての減点要素がありません。つまり評価は変わらない上にサイトの見た目的にも綺麗で済みますしw、これに越したことはないのです、本来。
超有名サイトなどもこれだ。 黙ってても誰かしら支持してくれますし、しかもそのリンクについては増加度に不自然さがない。まさに自然~ということですね。(これは国会議員選挙などと同様でして、知名度UPに比例し増えていく形。)

これでよいはずだが~ どうもYAHOO!SEOのケースと異なりGoogle検索エンジンでは支持するだけのやり方を評価しないで嫌うように・・・つまり、GOOGLEではそのページが「良い内容(コンテンツ)」という前提でリンクについて見ている。こちら注意して下さい。。

恐らくだが、リンクのみを評価するやり方だと、相互リンク募集など大量サイト製造機付のSEO!がGOOGLE検索で上位独占してしまうからではないでしょうか。
要するに、サイトやブログを大量所持してるところの一人勝ち・・・・・・・


そこで、「普通の相互リンク募集」というやり方がやはり良いと考える私です。
こちら内容に注意は必要ですが… 最強のメリットは、返しのパワーがあるということ。
これがすごい評価なら、支持するだけより相互の効果まであることになるのです。
ただし、要注意点もいろいろありGOOGLEの評価は複雑なのだ・・・

相互リンク募集についてSEOで気づいたことは、やる時に私のサイト(リンク側)そしてお相手の両ページを考えないといけないということです!!!
貼ったらおしまい~という方々が多いでしょうが、それだけならば比較的らくなのですよ。私のサイト内でお相手の主要キーワードをたっぷりと語ればよいだけ。
ケースバイケースだが、『胃腸薬これで決まり』というサイトに対して~『SEOで気づいたこと』という相互リンク募集でもあればどう???
こちらの内容では最適化は難しいものとなります。。。
お互いのサイト内で、‘評価を下げられるキーワード’を使用しないとならないのですよ。(関連性の部分です)
そうすると、相互リンク募集が最強としてもそのページ自体、つまりリンク側が評価を下げられる。
ということで、さらにそれが全体に波及する。 GOOGLE検索で順位が下がるということ・・・・・・・

サイトの相互リンク募集というのはやり方によっては最強のSEO対策です。しかし注意が必要で…… そのお相手側の主要キーワードの出現とその上下左右をよく考えるべきですよ。
理想論を言えば、、どちらのページも「良い内容(コンテンツ)」であり、やはり関連度が高いことでしょう。(それさえよければ細かいことを考えずに済みます。)