サイト同士で相互リンク募集をしてもすごいパワーが発生しないケース

最近のGOOGLEが、YAHOO!SEOに似てきてると思うのは私だけでしょうか?
(相互リンク募集のみで誰でも概ね上位達成の可能性が高まる?!)
それに対して、大昔のYAHOO!SEOですが、リンクなどについてあまり評価されない減点要素のようなものがありました。いよいよ登場ですよ。

まず基本的に、相互リンク募集が最強なのはご存知でしょう。 意味合いとしては・・・
①新規サイトの立ち上げでのパワーになる
②中途半端なサイト同士でパワーのもらい合い
③最終仕上げとしてメインサイトを第一位にするため

①は新規サイトのケースでして、相互リンク募集と言いましてもまだ新しいので、実質一方向的にパワーをもらうだけです。(育てばお互いにパワーを出します)

②は例えば、中途半端な23位と66位というサイト同士で相互リンクすれば、両方もしくは一方がいよいよTOP10内などを狙える御膳立てが出来る、最終仕上げとしての部分。

③は②を受けて、完結部分となりましょう。最終的な身内サイトなどからのパワー~♪


あの、SEOで気づいたことの筆頭が相互リンク募集と言いましても②となりましょう!
昔のYAHOO!SEOならば、ここらで②のパワーが効いて来て、あとは③で~♪高順位が付いたものだ。
ところが最近のGOOGLEではここらで順位が伸びきれない。ひどいケースでは両方のサイトの順位下降まである恐怖だ。

逆に考えますと、YAHOO!ではこのあたりにSEOの注意点が見え隠れしてるようにも思えるのだが私は。つまり、相互リンク募集のページ評価が上がらないで失敗してしまうケース…

例えば、上位であるサイト同士では、理論的に両方順位上昇して当たり前のはず。なのに下降してしまう不可思議さだ。
すぐに気づいたことは、リンクをしている側のページの順位があまり関係してないと言うこと。
驚きのアルゴリズムと言えようが、YAHOO!SEOでは不思議でもなんでもなかった。

SEOにおいて、上位であるサイト同士で相互リンク募集をしてもすごいパワーが発生しないケース…は今後検証となろう。 リンクのやり方自体にも注意が必要だが、、GOOGLEにとって良いページ内容に改良すると順位が上がることは間違いないでしょう。(つまりコンテンツですね)